一蹴入魂!人生を楽しみ生きがいを見つけよう!

せっかくの人生、全力で楽しまなければ損損!色々感じたことを書き綴っていきます。

ビーフシチューとハヤシライスの違いってなんだ

このブログはAmazon アフィリエイトを使用しています


ついこの間の話。

昼から夕方前の間は「春かな?」と思うくらい暖かかったのに、会社から外に出た時は風が冷たかった。自宅の最寄り駅に着いた頃には風がさらに強くなっていて、風の冷たさが肌に突き刺さっていた。こりゃたまらんと思ってダウンジャケットのファスナーを首元まで上げて、ネックウォーマーと手袋を装備した。
そんな寒さの中、「寒すぎる。温かいもの食べたい。カレーとか食べたい」と思いながら帰宅すると、夕飯はハヤシライスであった。これは嬉しい。カレーではなかったけれど、私にとってそこは大した問題ではない。奥様は不思議な人である。私が「○○が食べたいな」と思ったとき、それが夕飯として出てくることがこれまでも多くあった。エスパーかな?

温かい白米の上に温かいハヤシライスのルーがのって、その香りが鼻孔を刺激した。食べてみても文句なしの旨さ。心の中で「うめぇ、うめぇ、めぇ」と羊になりつつ完食。

食べ終わった皿を片付けると、ガス台の横にルーの空箱が置いてあった。その空箱には「ビーフシチュー」の文字があった。

「お、俺が食べたのはハヤシライスではなく、ビーフシチュー!?!?」

たちまち私はパニックになった。私は何の疑いもなく「ハヤシライス」を食べているものだと思っていた。しかしその実、私が食べていたのはビーフシチューだというのだ。いや、しかし味はハヤシライスだったような…。

パニックのあまりよくわからないことを考え、その結果頭の中で堂々巡りになってしまったが、時間が経つにつれ冷静さを取り戻していった。

そもそも、ハヤシライスとビーフシチューの違いって何よ。

結論:具材の大きさ

  • ビーフシチュー
    • 大きめにカットした牛肉と香味野菜を、デミグラスソースや赤ワインと一緒に煮込んで作る。
  • ハヤシライス
    • 細かく切った玉ねぎと牛肉をデミグラスソースや赤ワインで煮込んで作るハッシュドビーフをご飯にかけて作る。

両者の違いの基準はめちゃくちゃ曖昧だった。


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ